令和2年 第2回川崎市議会臨時会

令和2年第2回川崎市議会臨時会が4月21日開会され23日に閉会しました。9議案提案され全て可決されました。

「新型コロナウイルス感染症の感染の拡大を防止するための川崎市国民健康保険に係る保険給付の臨時特例に関する条例の制定について」この議案に関する補正予算案、「川崎市新本庁舎超高層棟新築工事請負契約の締結について」の関連工事の契約の締結議案5件、「控訴の提起についての市長の専決処分の承認について」、「令和2年度川崎市一般会計補正予算」の議案です。

条例の内容は

川崎市国民健康保険の支払を受けている被保険者が療養のため労務に服することができないとき(新型コロナウイルス感染症に感染したとき又は発熱等の症状があり新型コロナウイルス感染症の感染が疑われるときに限る。)は、その労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から労務に服することができない
期間のうち労務に服することを予定していた日について、傷病手当金を支給するものです。

川崎市民のシンボルともなる、川崎市新本庁舎超高層棟新築工事請負契約の締結が可決されました。令和5年3月末完成予定となっております。400億円を超える本庁舎建て替え工事ですので、施工の工程についてもしっかりと注視してまいります。

控訴の提起についての市長の専決処分の承認について は、いじめ問題に係わる控訴についてです。いじめに対する初動対応に問題がなかったのか、議論をさせていただきましたが、私たち市民意見と教育委員会との考え方に相違があり、行政としては控訴する判断をしたものです。

一般会計補正予算は、昨年の令和元年東日本台風の検証結果を受け、多摩川や平瀬川、三沢川の洪水対策予算です。今後もしっかりと進捗の確認をしてまいります。

令和元年東日本台風の検証結果の報告がされました。

内容についは、非常に受入れ難く行政が行政のために検証を行った内容と感じます。これからも、内容の精査は必要です。今夏の台風襲来前に再度、検討の見直しを進めるよう議論してまいります。

検証結果報告書の内容は川崎市のホームページでご確認ください。

http://www.city.kawasaki.jp/800/page/0000117078.html

 

 

© 2019 田村京三